近畿大学・東広島市とのTown&Gown構想

東広島市役所

東広島市役所

近畿大学 広島キャンパス

近畿大学 広島キャンパス

東広島市とのTown&Gown構想とは

令和4年3月28日に包括連携協定を締結した近畿大学と東広島市は、東広島市の行政資源と近畿大学の教育・研究資源を融合して活用することで、地元企業とのイノベーション創出や、スマートシティに向けた先端技術の活用、地域防災やSDGsの推進など連携事項を推進していくことで、地方創生に取り組むことになりました。

その取り組みとして「東広島市・近畿大学Town&Gown構想※」を推進し、令和5年度中には実際に地域社会との連携窓口となる「Town&Gown Office」を、広島キャンパス内に整備し、市と協働で準備を進めています。
持続可能な未来のビジョンを共有する近畿大学と東広島市が包括的、日常的、継続的、組織的な関係を構築し、持続的な地域の発展と大学の進化をともに目指す構想です。

  • Town&Gownとは、「一般市民と学生・教員」を指し、行政と大学機関が一体となって地域課題の解決に取り組みことを意味します。

「Town&Gown構想」に基づき、次のことに取り組みます。

01.
東広島市の課題への取組
市役所が抱えている課題、近畿大学広島キャンパスの学生・教職員が感じる地域課題について、近畿大学が研究により解決に向けて取り組みます。
02.
地域企業と東広島市と共に地方創成に係る取り組み
東広島市の持続的発展を目標に、近畿大学と東広島市、地域企業が共同で地方創成に取り組みます。