研究公開フォーラム2012を開催しました

2012.11.10

  • イベント
  • 開催報告

平成24年10月29日(月)、メルパルク広島において、研究公開フォーラム2012を開催いたしました。今回の研究公開フォーラムは12回目、広島市内での開催は2年振りとなります。

今回のフォーラムでは、「グローバル」をテーマとした特別講演および技術発表が行われ、また、多くの工学部教員、産学官連携推進協力会会員企業並びに関係機関各位の研究シーズや今後の研究活動についてパネル展示等による紹介が行われました。

はじめに、主催者である工学部長 京極 秀樹、続いて産学官連携推進協力会会長(東広島商工会議所会頭) 岸田 正之 氏より挨拶がありました。
ご来賓として、中国経済産業局長 井辺 國夫 氏よりご挨拶を頂きました。

特別講演は、東京大学大学院 経済学研究科 教授・東京大学ものづくり経営研究センター長 藤本 隆宏 先生をお迎えし、「ものづくり現場発のグローバル競争戦略」との演題で、ご講演いただきました。
藤本先生からは、我が国のものづくり産業にとって、お客に向かう「設計情報の良い流れ」を実現する現場の組織能力が重要であるといった示唆や我が国の企業をとりまく経営環境は夜明けが近いと元気づけられるお話がありました。

ポスターセッションでは、工学部、協力会会員企業、および関係機関による研究成果を紹介したパネル展示が行われ、ご来場の方々にパネルや展示物をご覧いただきながら、出展者による研究内容の説明が行われました。

技術発表会では、(有)柏原工業 代表取締役 柏原 信彦 氏より、「3Dレーザースキャンの可能性」について、(株)佐藤型鋼製作所 代表取締役 佐藤 公章 氏より、「耐震軽量角形鋼天井下地材」について、シグマ(株) 開発グループ室長 矢式 良行 氏より、「平面外観上の欠陥検査を可能とする小型検査ロボット開発」について、最後に電子情報工学科 藤本 暢宏 教授より、「世界最高速の可視光通信システム」について、事業内容や研究内容の紹介が行われました。

交流会にも、引き続き多くの皆様の参加のもと、大いに親睦が図られ、成功裏に研究公開フォーラム2012を終えることができました。

135252272724440_1.jpg135252272724440_2.jpg13525231757735_1.jpg13525231757735_2.jpg