私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

テーマ2:環境対応型新材料・新加工技術の研究

FT-IR、クリーンフード、EPMA、精密万能試験機の写真

次世代の自動車生産に求められる環境対応型新材料及び新加工技術を開発

1~3年目には自動車用グリーンマテリアルの開発、生分解性バイオマテリアルの開発と物性評価・安全性評価、レーザ積層造形技術の確立、摩擦攪拌接合技術の開発、成形加工用CAE技術の構築等を行い、4~5年目には、自動車用構造部材への適用性評価までの研究を行う。

氏名 所属 職名 研究分野 PDF
井原 辰彦 工学部生物化学工学科 教授 自動車用グリーンマテリアルの開発 PDFを開く
白石 浩平 工学部生物化学工学科 教授 バイオマテリアル材料の開発 PDFを開く
山田 康枝 工学部生物化学工学科 教授 バイオマテリアル材料の開発 PDFを開く
京極 秀樹 工学部知能機械工学科 教授 ラピッドマニュファクチャリング技術の開発 PDFを開く
生田 明彦 工学部機械工学科 准教授 摩擦攪拌接合技術の開発 PDFを開く
上森 武 工学部機械工学科 講師 次世代自動車部材の成形解析 PDFを開く