私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

主な研究設備紹介

研究設備紹介フロアガイド図

波長分散型元素分析器(EPMA)1610の写真

波長分散型元素分析器(EPMA)1610

元素にレーザーを照射して反射時間の差で元素を判別する。
自動車のタイヤの素材やプラスチック部材に換わる植物性の部材(バイオマテリアル)や軽量なアルミニウム合金部材などの開発に利用している。

研究用ドライビングシミュレータシステムの写真

研究用ドライビングシミュレータシステム

モーション機能を有しており実際に運転しているような臨場感を再現することができる。
車両が振動している時の装置の視認性や操作性の研究、振動が人体に与える影響を調べるなど自動車の快適性を向上する研究を行っている。

水素自動車用ガスインジェクタ燃料噴射装置及び小型ロータリエンジン一式の写真

水素自動車用ガスインジェクタ燃料噴射装置 及び
小型ロータリエンジン一式

水素やバイオガス(メタンガス)を燃料としてロータリエンジンの効率や動力特性を測定したり、ディーゼル用の新しい燃料噴射ノズルの噴射の様子やガソリンエンジンの火炎伝搬の様子を高速度撮影やレーザー計測してその性能を確認する。

風洞実験装置(可変流量型)の写真

風洞実験装置(可変流量型)

自動車の空力特性を研究するため模型の自動車を使って実験を行っている。定常風だけでなく、非定常風(突風や脈動風)が再現でき、最大秒速45mの風が再現できる。

電気自動車の写真

モデルベース研究開発機器一式

モデルベース開発とは、自動車に搭載されるマイコンを制御するソフト(ソースコード)を効率よく作成する手法である。
これにより作成したソースコードをコンピュータシミュレーション、スケールモデル車両、実験用電気自動車に搭載してモデルベース開発システムの検証を行う。

その他の研究機器