社会連携&研究センター:サービス工学研究センター

科学的・工学的アプローチでサービス産業や製造業の生産性を向上
サービス工学研究センター サービス産業がGDPに占める割合は7割を超え、現場では経験と勘に頼る業務形態から科学的・工学的手法を用いた業務効率の向上、付加価値の向上、新規ビジネスの創出など、サービスイノベーションの動きが広まっています。サービス工学研究センターでは、こうした実際のサービス産業の現場を実証フィールドとして、現場でのデータ取り等の観測、数理分析、モデリング技術を用いた分析シミュレーション技術等を用いたサービス設計現場への適用を行い、科学的・工学的手法によるサービス産業の生産性向上の研究に取り組んでいます。
>> 研究内容はこちら

所員

谷﨑 隆士 教授 (情報学科 兼任・サービス工学研究センター長)

片岡 隆之 准教授 (情報学科・社会連携センター 兼任)

中村 一美 講師 (情報学科 兼任)

柴田 瑞穂 講師 (ロボティクス学科・ロボット工学研究センター 兼任)

活動報告

平成28年度活動報告

平成27年度活動報告

平成26年度活動報告

平成25年度活動報告

平成24年度活動報告

平成23年度活動報告

平成22年度活動報告