社会連携&研究センター:自動車技術研究センター

カーエレクトロニクスで安全・環境・利便性を追求
自動車技術研究センター 広島県には、大手自動車メーカーを中心に多くの部品メーカーが集積する一大クラスターが形成されています。当研究所では平成21年度に文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に採択され、平成25年度まで「地域連携による次世代自動車技術に関する研究」を実施してきました。この研究を通じて、次世代自動車に求められる利便性、安全性、快適性、環境適合性に関する様々な研究成果が生まれました。自動車技術研究センターでは、新たな技術開発に取り組むとともに成果の実用化に向けた研究と人材育成を地域の企業と連携して進めます。
>> 研究内容はこちら

所員

田端 道彦 教授 (機械工学科 兼任・自動車技術研究センター長)

角田 勝 教授 (機械工学科・社会連携センター 兼任)

栗田 耕一 教授 (電子情報工学科・社会連携センター 兼任)

竹原 伸 教授 (ロボティクス学科 兼任)

田中 一基 教授 (情報学科・社会連携センター 兼任)

・ 前田 節雄 教授 (総合社会学部 兼任)

樹野 淳也 准教授 (機械工学科・先端ロボット工学研究センター 兼任)

酒井 英樹 准教授 (ロボティクス学科 兼任)

活動報告

平成27年度活動報告

平成26年度活動報告

平成25年度活動報告

平成24年度活動報告

平成23年度活動報告

平成22年度活動報告