社会連携&研究センター:先端化学生命工学研究センター[aCYBER]

生命や環境に配慮した先端材料と技術の創成
先端科学生命工学研究センター 生体材料、医薬品、機能性食品等の物質創成や、細胞分化、神経伝達、組織病態のような生命現象に関わる広範な先端科学技術を駆使して、“生命”、“健康”、“環境”、“材料”の諸分野に役立てることをめざすのが先端化学生命工学研究センターです。
バイオプロセスを利用した保健医療用機能性ハイブリット素材の調製やバイオマス資源の有効利用に取り組み、また細胞や動物の示す生体応答を食品、化粧品、医薬品及び環境中の物質の安全性評価や新たな生理活性物質の発見等に応用します。
さらに生物と機械の融合技術(CYBER)の導入により、自動車等の機械材料及びシステムの製造・構築に繋がる新技術の開発をめざします。
>>研究内容はこちら

所員

白石 浩平 教授 (化学生命工学科 兼任・先端化学生命工学研究センター長)

山田 康枝 教授 (化学生命工学科 兼任)

渡邉 義之 教授 (化学生命工学科 兼任)

小川 智弘 講師 (教育推進センター 兼任)

北岡 賢 講師 (化学生命工学科 兼任)

活動報告

平成28年度活動報告

平成27年度活動報告

平成26年度活動報告

平成25年度活動報告

平成24年度活動報告

平成23年度活動報告

平成22年度活動報告