トピックス

産総研中国センターシンポジウムにて、化学生命工学科 白石 浩平 教授が研究シーズ紹介を行います

産業技術総合研究所 中国センター及び広島大学では「広島リサーチコンプレックス推進協議会」を2月27日(月)に設立することとしており、発会記念として「産総研中国センターシンポジウム【生命科学の革新的展開】」が開催されます。
近畿大学工学部からは、化学生命工学科 白石 浩平 教授が研究シーズ紹介を行います。

詳細は以下の通りです。

【日時】平成29年2月27日(月)13:00~17:00(交流会17:00~19:00)

【場所】ホテルセンチュリー21広島 3F プラド(※交流会:2F フォルザ)
    (広島市南区的場町1-1-25 TEL:(082)263-3111)

【参加費】無料(交流会参加費:4,000円 ※当日受付にてお支払い下さい。)

【定員】200名

【主催】国立研究開発法人産業技術総合研究所 中国センター

【共催】国立大学法人広島大学

【後援】中国経済産業局、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、中国経済連合会、(公財)ちゅうごく産業創造センター、(一社)中国地域ニュービジネス協議会、(独)中小企業基盤整備機構中国本部、広島県、東広島市


◆プログラム◆
【開会挨拶】13:00~13:05
    産業技術総合研究所 理事  松岡 克典 氏

【講演】13:05~13:20
「広島リサーチコンプレックス推進協議会の目指すところ」
    広島大学 理事・副学長 高田 隆 氏

【特別講演】13:20~14:10
「生きた1細胞も可能な、超微量・超高速分子探索技術で拓く、未来科学と地方創生」
    理化学研究所 生命システム研究センター
    一細胞質量分析研究チーム チームリーダー 升島 努 氏

【一般講演】14:10~15:10
「ゲノム編集の様々な分野での可能性」
    広島大学 大学院理学研究科 数理分子生命理学専攻 教授 山本 卓 氏

「ジンクフィンガーヌクレアーゼ・タンパク質の細胞内導入法」
    産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 
    構造創薬研究グループ 主任研究員 加藤 義雄 氏

【休憩】15:10~15:20

【研究シーズ紹介(各15分)】15:20~16:50
「担子菌系酵母のゲノム解析とバイオ界面活性剤の生産技術への応用」
    産業技術総合研究所 機能化学研究部門 
    バイオケミカルグループ グループ長 森田 友岳 氏

「生体応答を制御するバイオマテリアルと新規レーザー顕微鏡を用いた細胞診断/回収/融合」
    近畿大学工学部 化学生命工学科 教授 白石 浩平

「特定内在遺伝子の転写活性および核内局在のライブイメージング」
    科学技術振興機構さきがけ
    広島大学大学院理学研究科 数理分子生命理学専攻 特任講師 落合 博 氏

「亜リン酸を利用した新規生物学的封じ込め手法の開発」
    広島大学 大学院先端物質科学研究科 細胞工学研究室 助教 廣田 隆一 氏

「麴菌を用いたゲノム編集:ターゲット遺伝子変異の多様性について」
    酒類総合研究所 醸造技術研究部門 主任研究員 水谷 治 氏

「ニワトリゲノム編集と産業応用の可能性」
    産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門
    細胞分子機能研究グループ 主任研究員 大石 勲 氏

【閉会挨拶】16:50
    産業技術総合研究所 中国センター所長 柳下 宏 氏

【交流会】17:00~19:00

詳細は産業技術総合研究所ホームページをご参照ください。