トピックス

2015年10月26日(月)近畿大学工学部研究公開フォーラムを開催します

開催趣旨

 近畿大学工学部では、平成13年度から広く地域の産業界、行政、産業支援機関の方々に工学部研究者の研究シーズを公開しています。今回、数えて15回目の開催となります。
 高効率青色発光ダイオード(LED)の発明でノーベル物理学賞を受賞された赤﨑勇氏、天野浩氏、中村修二氏の3博士が開発された技術は、蛍光灯に続く光のイノベーションを引き起こしています。その実用化には、産学連携プロジェクトが不可欠であったと言われています。今回のフォーラムでは、3博士のノーベル賞授賞式の紹介と「なぜこの技術に着目し、どのようにコーディネートしたのか」をテーマにした特別講演を行います。
 また、工学部教員の研究シーズ紹介、工学部産学官連携推進協力会会員および協力機関によるポスターセッションも併せて行います。


日時

10月26日(月) 13:00~17:20(交流会17:30~19:00)


場所

ホテルメルパルク広島(広島市中区基町6-36 TEL 082-222-8501)


プログラム

13:00-13:10 主催者挨拶

13:10-13:20 来賓挨拶

13:20-14:20 特別講演

     「青色発光ダイオードの開発・実用化とノーベル賞」
       国立研究開発法人 科学技術振興機構
       研究プロジェクト推進部 上席主任調査員 石田 秋生 氏
14:30-15:50 研究発表

   1) 「お酒に含まれる有効成分」  
       化学生命工学科 教授 山田 康枝
   2) 「制御とメカトロ技術の産業応用を目指して」  
       ロボティクス学科 助教 田上 将治
   3) 「ガラス制震壁の実用化に関する研究」  
       建築学科 准教授 寺井 雅和 
   4) 「ドイツ在外研究レポート~現地大学の実学教育システム及び産学連携の実態と研究事事例報告~」
       情報学科 准教授 片岡 隆之
15:50-17:20 ポスターセッション(パネル展示 14:30~17:20まで)55テーマ

・工学部教員の研究シーズ、共同研究、受託研究成果
・産学官連携推進協力会会員企業・協力機関の製品紹介、研究成果紹介
17:30-19:00 交流会(会費制)


入場料

無料〔交流会は会費2,000円〕


主催

近畿大学工学部、近畿大学次世代基盤技術研究所、近畿大学大学院システム工学研究科、
近畿大学工学部産学官連携推進協力会


後援

中国経済産業局、広島県、広島市、東広島市、呉市、福山市、中国経済連合会、広島商工会議所、
東広島商工会議所、呉商工会議所、福山商工会議所、国立研究開発法人 産業技術総合研究所中国センター、
(公財)ちゅうごく産業創造センター、(一社)中国地域ニュービジネス協議会、(公財)ひろしま産業振興機構、
(公財)広島市産業振興センター、(公財)くれ産業振興センター


アクセス

JR広島駅から路面電車(「広島宮島口行」又は「江波行」)で約15分。「紙屋町西電停」下車徒歩1分。
又は山陽自動車広島インターより車で約30分。「祇園新道」広島市内方面へ。
<参考> ホテルメルパルク広島ホームページ

お申し込み 【 申込み〆切:10月19日(月)】

参加申込書にご記入の上、Fax(082)434-7020または、e-mail(riit@hiro.kindai.ac.jp)にて、近畿大学次世代基盤技術研究所までご連絡ください。
  • 参加申込書(Word:651KB)

  • チラシのダウンロード(PDF:411KB)

  • プログラムのダウンロード(PDF:809KB)