トピックス

「地域連携による次世代自動車技術に関する研究」平成21~25年度プロジェクト研究成果発表会を開催しました

画像画像
平成26年7月30日(水)メディアセンター内マルチメディア講義室にて「地域連携による次世代自動車技術に関する研究」平成21~25年度プロジェクト研究成果発表会を開催しました。

近畿大学工学部では、平成21年度に文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の採択を受け、研究期間平成21年度から平成25年度の5年にわたり、大型プロジェクトである「地域連携による次世代自動車技術に関する研究」を実施しました。地域連携による次世代の自動車技術をテーマに、工学部(東広島市)学内外の研究者による研究体制で研究拠点を整備し、研究を行ってきました。今回は5年分のプロジェクト研究成果発表会となります。

研究代表者の京極 秀樹 工学部長からの挨拶の後、マツダ株式会社 代表取締役会長 金井 誠太 氏より「マツダのモノづくり・人づくり」をテーマに基調講演が行われました。

その後以下のテーマで研究成果発表を行いました。
(1)「プロジェクトの概要」
   近畿大学工学部 ロボティクス学科 教授 竹原 伸
(2)「メータ文字盤の外観検査の自動化」
   近畿大学工学部 情報学科 教授 田中 一基
(3)「自動車部品の調製技術を展開したPLAの医用材料への応用
    -カーボンニュートラルから生分解性へ-」
   近畿大学工学部 化学生命工学科 教授 白石 浩平
(4)「接合ツールの役割に着目した摩擦攪拌点接合技術の開発」
   近畿大学工学部 機械工学科 准教授 生田 明彦
(5)「金属薄板材料の異方性評価とその数値シミュレーション」
   近畿大学工学部 機械工学科 准教授 上森 武
(6)「高効率水素直噴エンジンの混合と燃焼」
   近畿大学工学部 機械工学科 教授 田端 道彦
(7)「速さや向きが時間的に変化する風を受ける自動車の空気力特性」
   近畿大学工学部 機械工学科 教授 角田 勝
(8)「粉末冶金法を用いたMg系合金の創製と水素化特性」
   近畿大学工学部 機械工学科 講師 信木 関

当日は地域企業や行政機関をはじめ合計107名の参加がありました。

5年間のプロジェクトは区切りとなりますが、近畿大学工学部では、引き続き地域社会や産業との連携を推進しながら、研究等に取り組んでまいります。
また、プロジェクトの推進に当たりご協力くださいました企業、関係機関の皆様にお礼を申し上げます。


<参考>
「地域連携による次世代自動車技術に関する研究」プロジェクト
ホームページ