トピックス

11月12日(火)大学研究室訪問を開催します

公益財団法人 ひろしま産業振興機構と東広島市産学金官連携推進協議会の主催により大学研究室訪問が開催されます。

「大学研究室訪問」とは、企業の方々が大学研究室を訪問し、研究者から直接研究内容の説明を受けるとともに、事業化に向けた意見交換を行うものです。

詳細は以下のとおりです。

■主催: 公益財団法人 ひろしま産業振興機構
       東広島市産学金官連携推進協議会

■開催日時: 平成25年11月12日(火)14:00~16:00

■開催場所: 近畿大学工学部(東広島市高屋うめの辺1番)

■発表テーマ: 「可変湾曲・ねじり部材成形のためのフレキシブル押出加工法の開発」
 訪問研究室  白石 光信 教授・工学博士
 専門分野   成形加工

<研究概要>
 当研究室では多種多様な製品を加工成形するためのコンピュータ制御による新しい押出システム(フレキシブル押出加工法)を開発しており、今回は、以下の製品の新しい成形技術を紹介する。

 成形品①:[薄肉フィンチューブ製品]・・伝熱管、内視鏡チューブなど
 成形品②:[薄肉湾曲製品]・・・・・・・自動車のスペースフレーム、建築部材、薄型テレビ(液晶テレビなど)用フレームなど
 成形品③:[断面が非対称でかつ、ねじれ形状の製品]・・・タービンブレードなど

■参加費:無料

■申込期限:平成25年11月8日(金)

■お申込・お問い合わせ先:
 公益財団法人 ひろしま産業振興機構 研究開発推進担当 [担当: 坂本]
 TEL:082-240-7712 FAX:082-504-7317

■詳細情報: 公益財団法人 ひろしま産業振興機構ホームページ