トピックス

「インテレクチャル・カフェ広島(平成24年度第3回)」にて生物化学工学科 白石 浩平 教授が研究発表

詳細は以下のとおりです。

<“インテレクチャル・カフェ広島”の趣旨>
 広島地域における大学の若手研究者と、産業界・金融機関・行政等が交流し、新技術・新製品の開発や新事業を生み出すネットワークの形成を目指すものです。

主催:中国地域産学官コラボレーション会議
共催:(独)産業技術総合研究所中国センター(幹事)、近畿大学工学部

<平成24年度 第3回開催日時等>

日 時:平成25年1月23日(水)17:45~20:00

テーマ:『iPS細胞等バイオ技術の実用化に向けて』

場 所:ひろしまハイビル21(17階)(広島市中区銀山町3-1)

定員:80名程度

参加会費:2,000円

プログラム:
17:45~17:50 開会挨拶
(独)産業技術総合研究所中国センター 所長 中村 修 氏

17:55~18:20 話題提供1
  ①『細胞に番号を付ける!?新しい細胞操作のプラットフォーム創製を目指して』
     近畿大学工学部 生物化学工学科・近畿大学大学院 システム工学研究科 白石 浩平 教授

18:20~18:45 話題提供2
  ②『iPS細胞等幹細胞評価基盤技術開発に向けたアプローチ』
    (独)産業技術総合研究所 幹細胞工学研究センター 研究チーム長 伊藤 弓弦 氏

18:50~20:00 交流会 (軽食と飲み物による立食形式)

申込期限: 平成25年1月21日(月)

◎申込・詳細は中国地域産学官コラボレーション会議ホームページをご参照ください