トピックス

(社)日本オペレーションズ・リサーチ中四国支部・ORサロン合同特別講演会で谷崎 隆士教授(サービス工学研究センタ-長)が講演を行います

(社)日本オペレーションズ・リサーチ学会のORサロンとは、主として企業人の会員を対象として、平成21年度から企業経営戦略に関するホットな話題についてその道のリーダーの講演により参加者の交流を深めることを目的とされたものです。

谷﨑 隆士教授が講演を行う中国四国支部・OR サロン合同特別講演会の概要は以下のとおりです。

日時:2012年2 月18 日(土)14:00~17:30(終了後に懇親会を予定)

場所:ひろしまハイビル21(広島市中区銀山町3-1)

講師:
①「中国地方におけるサービス産業生産性向上への取り組み」
    谷﨑隆士氏(近畿大学工学部情報システム工学科教授,次世代基盤技術研究所サービス工学研究センター長)
【概要】
近年,わが国の経済成長の名目GDP と雇用に占めるサービス産業の割合が年々増加し,その重要性が高まってきています。しかし,製造業と比べサービス産業の生産性が低いことから,サービス産業の生産性向上がわが国の政策課題とされ,産官学で様々な取り組みがなされています。
今回の講演では,中国地方におけるサービス産業生産性向上への取り組み状況ほかの事例に基づき,
・ サービス産業の生産性向上と製造業の生産性向上の相違点
・ サービス産業の生産性を向上するためのポイント
などについて,紹介します。


②「サービスイノベーション―米国ゼロックス社の戦略とリーダーシップ―」
  塩川哲也氏(Xerox Corporation 在日代表,富士ゼロックス㈱監査役)
【概要】
2009 年より米国ゼロックス社はハードウェア製造・販売からサービス企業へと大きく変革を遂げています。それはまさに,会社の文化や歴史的なあり方すらも根幹から変えるtransformation そのものでした。
イノベーションとしてのサービスがどうゼロックス社で育まれ,実践されていったか?
またどのようなチャレンジに遭遇し,それをどう乗り越えたのか?
そこには明確なビジョンに裏打ちされた企業戦略とトップの強力なリーダーシップが不可欠であることは言うまでもありません。サービスイノベーションへの道筋をゼロックス社がどう歩んで行ったかを,同社の戦略とトップのリーダーシップを視座に紐解いて行きます。

参加料:無料

 詳しくは(社)日本オペレーションズ・リサーチ学会ホームページをご覧ください。