トピックス

社会人リカレント講座「学び直し環境持続可能型木造住宅」を開講しました

画像画像
2009年2月21日(土)、2月28日(土)の2週にわたり、社会人リカレント講座「学び直し環境持続可能型木造住宅」が近畿大学工学部キャンパス(東広島市高屋うめの辺1番)において開催されました。

リカレント講座とは企業の技術者等を対象に、テーマを定めてその技術の基礎的な知識や原理について学びなおしていただくことを目的としたもので、今回が第2回目となります。

今回の講座の講師は建築学科の在永末徳 教授、崔 軍 准教授、大田和彦 准教授、市川尚紀 講師がつとめ、振動の模型を使った講義や、2008年1月に完成した環境共生型木造実験住宅の見学など、工夫された内容で39名の受講者の方々にも満足していただけた様子でした。

講座内容
<2月21日(土)13:10~18:30>
 ・1時限目
  講座紹介、木造住宅の材料と構法
(木材の組織/変形のしくみ/強度特性/木造の耐久性 等)
 ・2時限目
  木造住宅の省エネ・快適性
(人体の熱収支、平均放射温度、上下温度差、コールドドラフト、 放射冷暖房 等)
<2月28日(土)13:10~18:40>
 ・3時限目
  木造住宅の耐震安全性
(地震動の秘密/耐震、免震、制震とは/木造建物の構造計画の要点等) 
 ・4時限目
  木造住宅のパッシブデザイン
(自然エネルギー/太陽熱利用/地中熱利用/雨水利用/通風等)
受講者数
39名

主催
近畿大学工学部産学官連携推進協力会
東広島市産学官連携推進協議会

後援
(財)ひろしま産業振興機構