トピックス

平成24年1月27日(金)『インテレクチャル・カフェ広島(平成23年度第3回)』にて生物化学工学科 仲宗根 教授が研究発表

詳細は以下のとおりです。

<“インテレクチャル・カフェ広島”の趣旨>
 広島地域における大学の若手研究者と、産業界・金融機関・行政等が交流し、
新技術・新製品の開発や新事業を生み出すネットワークの形成を目指します。

<平成23年度 第3回開催日時等>

日 時:平成24年1月27日(金)17:30~20:00

テーマ:バイオ分野『ゲノム情報を用いたタンパク質酵素の産業応用』

場 所:ひろしまハイビル21(17階)(広島市中区銀山町3-1)

定員:80名程度

参加会費:2,000円

主催:中国地域産学官コラボレーション会議

共催:広島大学、近畿大学工学部、(独)産業技術総合研究所中国センター(幹事)

<概 要>

17:30~17:35 開会挨拶
(独)産業技術総合研究所中国センター 所長 中村 修 氏

17:35~18:00 話題提供1
『バイオマス有効利用を目指した耐熱性酵素の開発』
(独)産業技術総合研究所 バイオマス研究センター 主任研究員 石川 一彦 氏

18:00~18:25 話題提供2
『細胞1個当たりの生体分子の簡易定量方法の開発』
広島大学大学院 理学研究科 准教授 島田 裕士 氏

18:25~18:50 話題提供3
『極限酵素の産業利用―微生物が持つ酵素から新たな可能性を探る―』
近畿大学工学部 生物化学工学科 教授 仲宗根 薫 氏

19:00~20:00 交流会 (軽食と飲み物による立食形式)

◎申込◎
PDFを印刷いただき、FAXまたはメールにて(独)産業技術総合研究所 中国センターへお申し込みください。

開催案内・参加申込(PDF形式:87KB)

◎申込期限◎ 1月24日(火)