トピックス

2011年10月31日 近畿大学工学部研究公開フォーラム2011を開催します

開催趣旨

 東広島市にある近畿大学工学部では、地域産業のイノベーション創出に必要な産学官の顔の見える人的ネットワークをつくるため、平成13年度から広く地域の産業界、行政、産業支援機関の方々に工学部研究者の研究シーズを公開しています。今年の研究公開フォーラムは数えて11回目、5年振りに広島キャンパスでの開催となります。
近畿大学では昨年3月に広島キャンパス内に工学部の研究機能を拡充するため次世代基盤技術研究所を新設し、当地域における学の研究拠点の形成を目指しております。本研究所では、地域をあげた連携とご協力のもとに平成21年度から5年間の戦略プロジェクトとして「地域連携による次世代自動車技術の研究」を行っており、研究設備の充実とともに研究成果も着実に生まれてきています。研究成果について報告を行うとともに、多くの工学部教員の研究シーズや今後の研究活動についてパネル展示等によりご紹介いたします。

日時

10月31日(月) 13:00~17:30(交流会17:30~19:00)

場所

近畿大学工学部 多目的ホール/メディアセンター(東広島市高屋うめの辺1番)

プログラム

13:00-13:10 主催者挨拶(工学部長・産学官連携推進協力会会長)
13:10-13:20 来賓挨拶(中国経済産業局長)
13:20-14:40 特別講演
      「未来のつくりかた| EVで変わる暮らし」
        カー&プロダクトデザイナー
        SWdesign TOKYO 和田 智 氏
      【講師のプロフィール】
       1961年東京生まれ。武蔵野美術大学卒。84年日産自動車入社。89~91年、英国ロイヤル・カレッジ・
       オブ・アート留学。98年、アウディAG/アウディ・デザインへ移籍。シニアデザイナー兼クリエーティブ
       マネジャーとして、現行のA6、Q7などの主力車種を担当。「世界でもっとも美しいクーペ」と評されるA5
       を担当。2009年6月、自身のデザインスタジオ「SWdesign TOKYO」を設立。新しいビークルデザイン
       開発に力を注ぐ一方、カーデザインにとらわれず、ドイツでの長きにわたるデザイン活動を生かし
       「新しい時代のミニマルなものや暮らし」をデザイン提案していく。

14:40-15:30 ポスターセッション
       (パネル展示は17:30まで)
15:30-16:30 戦略的研究プロジェクト報告「地域連携による次世代自動車技術の研究」
16:30-17:30 施設見学(次世代基盤技術研究所、構造実験棟、実験住宅)
17:30-19:00 交流会(Cafe楳辺)※会費無料
入場料

無料

主催

近畿大学工学部、近畿大学次世代基盤技術研究所、近畿大学大学院システム工学研究科、近畿大学工学部産学官連携推進協力会

後援

中国経済産業局、広島県、広島市、東広島市、呉市、福山市、中国経済連合会、広島商工会議所、東広島商工会議所、呉商工会議所、福山商工会議所、(公財)ちゅうごく産業創造センター、(社)中国地域ニュービジネス協議会、(公財)ひろしま産業振興機構、(財)広島市産業振興センター、(財)くれ産業振興センター

アクセス

  • JR広島駅から山陽本線約35分「西高屋」駅下車後、徒歩で約20分またはバスで5分
  •  
    ※当日は無料送迎をご用意しております【西高屋駅前⇔近畿大学間(11:00~19:30 随時)】 
  • 広島バスセンターから芸陽バス(JR広島駅・高速経由)高美が丘・豊栄方面「近畿大学」下車(約50分)

  • 山陽自動車道「西条I.C」から車で約12分、または「高屋JCT・IC」から車で約7分

  • 広島空港から車で約25分
  •   
    ※お車でお越しの方は第2駐車場をご利用ください(収容台数292台)

    アクセスマップ・学内マップ(PDF:448KB)
          
    お申し込み

    参加申込書にご記入の上、FAX(082-434-7020)または、e-mail(riit@hiro.kindai.ac.jp)にて、近畿大学 次世代基盤技術研究所までご連絡ください。